羽子板の種類について(飾り方の種類)

最近の羽子板は「飾りやすさ」がポイント

羽子板の画像

昔の日本の住まいは和室に床の間がある家が多く、羽子板を飾る場所といえば床の間が一般的でした。

 

なので、飾るスペースは十分にあったため、大きなサイズの羽子板が人気でした。

 

しかし、現代の住宅事情は当時とは異なり、生活スタイルもずいぶん変化しています。

 

それに伴って、近年は羽子板をサイドボードやチェストの上などに飾るご家庭が多くなり、羽子板のサイズもコンパクトな物が主流となってきました。

 

このような時代の流れに乗って、ここ数年は8号(板の高さ約24センチ)や10号(約30センチ)など場所を取らずに飾れて、省スペースで保管できるサイズの羽子板が人気を集めてますね。

 

 

というわけで、当サイトをご覧いただいている皆様の中にも、コンパクトな羽子板の購入しようと考えている方は多いと思いますが、商品選びの際に気を付けておきたいことがあります。

 

それは、羽子板飾りの全体のサイズは、羽子板そのものの大きさではなく、羽子板をどのように飾るかによって決まるということ。

 

羽子板そのものはコンパクトなものを選んでも、飾り方によって設置や収納に必要なスペースの広さが変わってきますので、コンパクトサイズの商品を探している方は特に注意が必要です。

 

そこで、ここでは羽子板の飾り方にどんな種類があるのかを紹介したいと思います。

 

 

飾り台に立てる飾り方

 

まずひとつめは、飾り台を使用するという方法です。

 

飾り台に羽子板を立てるスタイルはとてもシンプルで飾る場所を選ばず、しかも飾り台は組み立て式なので収納場所に困ることもありません。

 

こちらが飾り台を使用した羽子板飾りです。
羽子板と飾り台01羽子板と飾り台02

 

羽子板と飾り台のセット 商品一覧はこちら<楽天市場>

 

なお、通販サイトでは飾り台と羽子板がセットになった商品の取扱い数があまり多くありません。

 

でも、飾り台と羽子板はそれぞれ単品で販売されていますので、気に入った物を別々で購入するのもおすすめです。

 

もしも単品で購入する場合は、飾り台と羽子板の号数が同じものを選んでくださいね。

 

単品で販売されている羽子板と飾り台は下のリンクからご覧になれますので、どんな商品があるのか見てみたいという方は参考にしてください。

 

羽子板単品はこちら<楽天市場>飾り台単品はこちら<楽天市場>

 

 

ケースに入れる飾り方

 

そしてもうひとつがガラスケースやアクリルケースの中に入れて飾るという方法です。

 

こちらがケース入りの羽子板飾りですが、通販サイトでも実店舗でもこのスタイルで飾ってある商品をよく見かけると思います。

 

ケース入り羽子板01ケース入り羽子板0

 

ケース入り羽子板飾り 商品一覧はこちら<楽天市場>

 

飾り台とガラスケース、どちらの形で飾ったらいいの?と悩む方もいると思いますが、特に決まりがあるわけではないので好きな方を選んでかまいません。

 

ただし、一般的にどちらの形で飾る人が多いかというと、ガラスケース・アクリルケースのほうが圧倒的多数を占めています。

 

実際、人形店では羽子板と一緒にガラスケースやアクリルケースを購入する方が多く、飾り台を買う方は極少数だとか。

 

※実店舗ではケースが売れていますが、東京・浅草や埼玉・春日部などで開催される羽子板市では、ほとんどの人が飾り台を購入するそうですよ(そもそも羽子板市でガラスケースを置いている店はあまり見ませんが)。

 

 

 

ちなみに羽子板のケースというのは単純にガラスの箱というわけではなくて、ケース自体にも装飾が施されているのでとっても豪華!

 

なのでキレイな羽子板をより一層引き立ててくれるという役目も持っています。

 

 

 

また、ガラスケースは埃を気にせず羽子板を飾れるというメリットもあるため、羽子板とガラスケースをセットで購入する方が多いのです。

 

ただし、8号や10号の羽子板自体はとてもコンパクトなのですが、ケースについてはそれなりの大きさがあります。

 

まあ、それなりの大きさと言ってもコンパクトなことには変わりないのですが、それでも飾る場所と収納する場所には「それなりの広さ」が必要となります。

 

そこで注目したいのが、こちらの羽子板ケースです。

 

壁掛け羽子板

 

 

 

この羽子板ケースはオーソドックスな「置くタイプ」ではなく「壁に掛けるタイプ(額入り)」なんです。

 

壁掛けタイプなら「羽子板ケースを置く場所が無い・・・」という悩みも解決しますし、お部屋のインテリアにも良く馴染みます。

 

更に、壁に掛けても飾れるし、サイドボードやチェストの上にも置いて飾れるスタンド付きのタイプもあります。

 

スタンド式羽子板

 

 

壁掛けタイプの羽子板はすべて薄型なので飾る場所はもちろん収納場所も取りません。

 

「羽子板を飾りたかったけど、今までは置く場所が無いから諦めていた・・・」という方にもおすすめです。

 

額入り・壁掛け羽子板飾り 商品一覧はこちら<楽天市場>

 

 

 

ここでは羽子板の飾り方の種類について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

飾り台に立てるかケースに入れるかは、お好みで選べばよいと思いますが、どちらの飾り方にするかによって全体のサイズが変わるということに注意してください。

 

一般的には飾り台よりもケースの方が、広い設置スペースと収納場所が必要になります。

 

なので、まずはじめに「羽子板をどこに飾るか、どこに収納するか」を決めてから、そのスペースに応じたサイズの商品を選ぶのがポイントです。