羽子板のお顔の種類とお顔選びのポイント

羽子板のお顔の種類を知って賢く選ぶ!

初正月のお祝いに飾る羽子板といえば、美しい衣装もさることながら表情豊かなお顔も見どころのひとつです。

 

ただ、ひと口に羽子板のお顔をいっても種類は様々。

 

最近は古典的な日本美人のお顔だけでなく、現代風の可愛らしいお顔も数多く見られるようになってきました。

 

私も節句人形店でいくつもの羽子板を見ましたが、目のパッチリした現代的なお顔もたくさん販売されています。

 

中にはお顔が現代風なだけでなく、髪の毛がカールしている商品もあったりして、思っていた以上にお顔の種類が豊富で驚きました。

 

羽子板の顔

 

ちなみに私が訪ねた人形店の販売員さんも、昔に比べて羽子板のお顔はタイプが豊富になってきたと言っていました。

 

そこで私が気になったのが、羽子板のお顔は色んな種類があるけど、本式のお顔ってあるのかな?ということ。

 

羽子板は伝統的な工芸品ですので、昔ながらの何か決まり事があるかもしれないと思ったのです。

 

というわけで、販売員さんに「羽子板のお顔は色んなタイプがありますが、古典的なお顔が本式ですか?」「やっぱり正式なお顔を選んだ方がいいですか?」と矢継ぎ早に質問してみました。

 

そんな私の質問に対し、販売員さんは「特にどれが本式だとか決まり事はありませんよ」とのこと。

 

それと、「お顔が右向きと左向きの羽子板では、何か違う意味があるの?」とも聞いてみましたが、羽子板のお顔の向きには特に意味はないそうです。

 

人形店の販売員さん曰く、羽子板のお顔は色んなタイプがあるだけでなく、一品ごとに表情も違うので、好みのものを選べばいいですよとのことでした。

 

ちょっと補足ですが、販売員さんの言葉を正確に言うと、一品ごとに表情が違うのは、あくまでも手描きの羽子板です。

 

羽子板のお顔には手描面相、印刷面相などの種類があり、手描面相は読んで字のごとくで、一品ごとに手描きで顔を描き入れるため、作品により微妙な表情の違いが出てきます。

 

いくつもの色を塗り重ねることによって醸し出される色彩、様々な太さの筆を巧みに使い分けて細部まで丁寧に描く繊細な線により、手描面相は表現豊かな仕上がりになります。

 

一方、印刷面相も読んで字のごとくで、印刷(プリント)による面相ですからどれも同じお顔になります。

 

ところで、手描のお顔と印刷のお顔、その違いが自分にもわかるかな?という方がいらっしゃるかもしれません。

 

でも、手描と印刷では値段にだいぶ差がありますし、手描面相の方が表現力豊かな仕上がりになっているので、比べてみれば誰でも見分けがつくはずです。

 

 

最後に、羽子板を見にお店へ行くときのポイントをひとつ。

 

羽子板のお顔は人それぞれ好みがありますから、できるだけお顔の種類が豊富なお店へ行くのがおすすめです。

 

ただし、「当店の羽子板は一番良いお顔なので、他のお店は見る必要がありませんよ」というお店があったら要注意!

 

そのお店の店員さんが、自分の店の羽子板を「一番良いお顔」と評価するのを非難するつもりはありません。

 

でも、「他のお店を見る必要がありません」というのは感心できません。

 

なぜなら、羽子板のお顔は作家さん(面相師)によって違いますし、同じ作家さんでも手描きの羽子板は一品ごとにお顔の表情が微妙に異なります。

 

なので、お客さんの好みのお顔は、もしかしたら他のお店にあるかもしれないのです。

 

というわけで、このような販売トークをするお店は、あまりおすすめできません。