羽子板飾りはコンパクトサイズの商品が大人気!

タンスやチェストの上に飾れるコンパクトな羽子板が人気

羽子板には様々な大きさがありますが、最近特に人気が高いのは飾る場所を問わない8号や10号などのコンパクトサイズの商品。

 

団地サイズ、マンションサイズとして大人気の8号、10号の羽子板飾りは、ここ数年最も売れてるサイズです。

 

以前は3尺(約90センチ)くらいの大きな羽子板を床の間などに飾る家庭が多かったのですが、近頃は住宅事情も変わってきており床の間はもちろんのこと和室のないご家庭も少なくないと思います。

 

そのため、洋間やリビングなどにインテリアの一部として飾れるコンパクトサイズの羽子板が重宝されているようですね。

 

8号サイズ羽子板_018号サイズ羽子板_02

 

 

実際に羽子板を販売している人形店に行ってみるとわかりますが、お店には8号や10号といった小さいサイズの商品が豊富に取り揃えられています。

 

ちなみに8号サイズの羽子板は約24センチで、10号サイズの羽子板は約30センチです(羽子板は号数の数値を3倍するとだいたいの大きさがわかります)。

 

 

また、これらの羽子板を入れる専用ケースの標準サイズは、間口25センチ前後、奥行き20センチ前後、高さ40センチ前後という感じです。

 

このように8号サイズ、10号サイズの羽子板はケースに入れてもコンパクトなので、タンスやチェスト、サイドボードなどの上に飾るにはちょうどよい大きさです。

 

コンパクトサイズの羽子板はこちら<楽天市場>

格安価格の羽子板を選ぶときのポイント

つい数年前まではサイズの小さな8号や10号の羽子板でも、2万円以下で買える商品はあまり見かけませんでした。

 

正確なことを言うと、2万円以下で販売されていた羽子板飾りが無かったわけではないのですが、ほとんどの商品は羽子板と飾り台のみのセットでした。

 

つまり、羽子板ケースに入っていない商品ということです。

 

ところが、ここ最近は状況が変わり、多くのお店が2万円以下で買える羽子板飾りを目玉商品として販売するようになりました。

 

 

ただ、手頃な値段の商品が豊富になるのは嬉しいことですが、そうなると悩んでしまうのが商品選びではないでしょうか。

 

いくら値段が安いからといっても、クオリティの低い商品は選びたくありませんから。

 

 

では、格安価格で販売されている羽子板飾りは、どんな視点で選べば良いかというと、これが意外とわかりやすいんです。

 

8号、10号サイズの羽子板で2万円以下の商品の場合、普通は値段相当の仕立てで、それなりの素材が使われてます。

 

でも中には、飛び抜けて上質な素材で仕立てた商品もあったりします。

 

具体的には、値段は手頃なのにもかかわらず、衣装に正絹生地を使っていたり(普通は化繊)、細かな刺繍が施されている商品は、かなりお買い得です。

 

その他、絞り染め衣装や本つげのかんざしも、比較的高額な羽子板に使用されるものです。

 

なので、こういった衣装や素材が使われているかどうかが、格安の羽子板を選ぶときのポイントになります。

 

格安価格の羽子板でも、クオリティは大満足の商品が意外とありますので、是非お値段以上の価値がある羽子板を見つけてくださいね。

 

コンパクトサイズの羽子板はこちら<楽天市場>